売れるサロンが、必ずやっている〇〇とは?

『こんなところに?!』人が集まる!
地方サロンの共感Reブランディング


美容起業家コンサルタント
佐藤恵美です。



IMG_8133.jpeg




なぜ、あのサロンは売れていて

私のサロンは、こんなもんなんだろう…



なんて想うことないですか?



私も独立した途端に
他のサロンに
埋もれた経験があるので
その気持ちは、よく分かります。



なので、今日は、
そんな埋もれた状態から
私が、復活した方法でもある


売れる地方サロン
売れない地方サロンの違い


をお届けしますね。



ファンがたくさんいて
高価格サービスがたくさん売れているサロン


なかなか
見つけてもらえず
安いサービスでさえ売れないサロン


の違いって

何かというと…
『お客さま教育』の差なのです。




どういうことかというと

未来のお客様を
育てているか
育てていないかの違いです。



集客というと
欲しがっている人を探しだし
出逢っていくと想いがち。




ですが
地方サロン集客で大事なことは
欲しい!というお客さまを探すのではなく

お客様候補者(見込み者)を
『欲しがるお客様』に育てていくことなのです。




そのために何をするのか?



それは、たった1つ。


お客様にとって
『これってイイ!』と思ってもらえる

有益な情報をどんどん発信し、与えていくこと。


やがて、お客様に

『これって私に必要だ!』
『今の自分に必要だ!』

と、
思ってもらえるようになったところで
申し込まれます。




『今すぐ欲しい!』というお客様は
大手のサロンがお金と人財を使って
かき集めていきます。


そんな競合エリアに
小さな力しかない地方サロンが

同じことをやっても太刀打ち出来ません。


だからこそ
大手がめんどくさがって狙わない
ニッチな場所を

丁寧に獲得していくことが
地方サロンが勝てる道になります。




なので
売れるサロンになりたかったら
欲しい人を狙うのではなく


欲しがるお客様を育てる
『お客様教育』をしてくださいね。



よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる