100枚のハガキダイレクトメールから23件の予約が入った!

「こんなところに⁈」人が集まる!
地方サロンの共感Reブランディング



美容起業家コンサルタント
佐藤恵美です。




安売りサロンから
価格を上げても喜ばれ
ファンが集まるサロンになった


秋田県のリンパケアサロン
Mさんをご紹介しますね。



Before

月商15,000円

広告を出しても全く予約が入らない

集客したいけれども
何から始めたらいいのかが分からない




After

月商50万円到達

新聞広告
ダイレクトメールから予約が入る

ファンが集まるサロンになり
自信が持てるようになった


 
Mさんは、
しばらく休んでいたサロンを
3年ぶりに再開しました。


サロン再開を
新聞で発信したものの

全くお客様が戻って来ない。


技術にも自信がある。
経験もあるし、知識もある。
なのに集客ができない。



他のサロンに移ってしまった
お客様が
全く戻ってきてくれませんでした。



メニューも色々ありすぎて
何をどう打ち出したらいいのかが
分からない。




価格を下げることはしたくない。
けれども、安くしなくてはいけないのか?


何から手をつけたらいいのか
教えて欲しいとアカデミー参加しました。




そんなMさんが
やったことは、
Reブランディングのこの3つ。



1、「この人にお願いしたい!」と
 人に人が集まる夢・想いの詰まった
 『サロンコンセプト』


2、利便のいいサロンに負けない
  どこにもない『強みのメニュー』


3、遠くても、高くても人が集まる
  『価値の「魅せ方」「伝え方」』



特に力を入れたことは
ダイレクトメール。



利便のいいサロンに負けない
どこにもない『強みのメニュー』



過去の顧客情報を元に
ダイレクトメールにして送りました。



ただ、メニューの紹介だけでなく


「この人にお願いしたい!」と
 人に人が集まる夢・想いの詰まった
 『サロンコンセプト』


も添えたことで
通常、2〜3%もあれば
良い方と言われる
ダイレクトメール反応率ですが


Mさんの場合
100人にご案内して
わずか数日のうちに
23人の予約に繋がりました!



Mさんは


「この人にお願いしたい!」と
 人に人が集まる夢・想いの詰まった
 『サロンコンセプト』


を言葉にしたことで


自分にしかできない

自分だけの価値に気づき


利便のいいサロンに負けない
どこにもない『強みのメニュー』



自信をもって伝えられるようになり



遠くても、高くても人が集まる
『価値の「魅せ方」「伝え方」』


自分目線から
お客様目線に変えて
ダイレクトメールをつくりあげました。


ハガキの限られたスペースの中で
この3つを
お客様に伝えることができたことで


集客が出来るようになっただけでなく
価格上げにも成功したことで
体を酷使することなく収益が安定した!と
喜びの声が届いています。



Mさんの街は、人口が5万人。
猛烈な勢いで過疎化がすすむ地域。



ですが
そんな地域は、
熱烈なファンが100人できたら
収益は、安定します。



あなたもMさんのように
顧客の掘り起こしがしたい!

高価格でもお願いされたい!

収益を安定させたい!


ならば


ぜひ、やってみてくださいね。



そして
一人じゃ、難しい…と思ったら


明日の4月1日から
募集開始する
美ジネスメイクアップセッションを
思いきり活用してくださいね。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる